一句。「お母さん 不登校じゃなくても 悩みます」字余り。

我が子が不登校になって、
「不登校の悩み」の大変さを感じてたんですけど。

笑えるけど「そうだよなぁ…」って悩みに出会ったんです。

 

「うちの子がお利口すぎるんですけど大丈夫でしょうか?」

 

凄くないですか?
そして、こう思っちゃう気持ちも分かっちゃう。

この悩みを見て、気付いた。

子育ては、どんな状況でも悩むものだって。

そこには「愛」しかないよ、ほんと。

 

よかよか学院の講師、ばななせんせいがこう言ってます。

「その辺のおっさん捕まえて捕まえて怒ってるお母さんなんて、見たことない。」

こどものことを思うとね、
願ったり、望んだりしちゃうのよ。

怒ったりぶつかったりしちゃうのよ。

そんな時に自分に問うてみる。

「私はどうして怒ってるのかしら?」
「何を悩んでいるのかしら?」

そこを見るようになったら、

私の思いや行動が「私」のものであって、
それは「こども」のものじゃない、って気付きます。

私の思いも、それでいい。
同じく、こどもの思いも、それでいいんです。

こどもを何とかしようとする前に、
私を見ることが出来たら、

子育ては、ギフトがいっぱいです。

 

そんなことを気付かせてくれる「ばなな婦夫」を、11月9日10日、沖縄にお招きしましたよ😊

直接お話を聞けるチャンスです✨

※イベントは終了しました。ありがとうございました😊

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です