あらかき with モデム で出勤(不登校とネット利用)その1

はじめに

モデム持参で出かけた事ってあります?

電源コードとLANケーブルを抜いて。

なぜこんな事に、なったのでしょ~か!!

 

学校に行かない間、どう過ごしているか。

不登校はじめの頃のね、身体も気持ちも限界、の時は、

何も出来ないのだから、休んでもいいのですけど。

 

子どもたちが成長して、思春期になったことも原因だとは思うんですけど、

明らかに、「面倒くさい」「なんぎ」「後で(3日過ぎてもやらない)」と、

出来ないのではなく、やらないようになっていまして。

楽しいこと、楽なことしかしない状態に見えまして。

 

私が、介護や青色申告期での勉強会、お仕事、その他講習会や情報収集活動、小中学校や放課後デイサービス・子どもたちの関係機関とのやり取りなどに行っているため、家事を全部背負うのが難しい状況です。

たよれる親や身内もいませんから、こどもたちと話し合ったんです。

 

例えば、ご飯は自分で作れる年齢ですから、

「お家にいる間、出来る事をやって欲しい。」

と話し合い、導入するためにいろいろ試しました。

  • 口頭で伝える
    「わすれてた」で終了。
  • 家事の仕方を一緒にやりながら教える
    「今教えられても困る」と、ご本人たちのやる気のある時に時間を合わせることが出来ず終了。
  • やることリストを書いて見えるところに貼っておく
    →「書いてくれれば分かる」と言われてやってみたが「やり方が分からない。そもそも、どのレベルで掃除するとか判断できないからやってない。」で終了。「このくらいで」と教えようとしても、前例のごとく「今教えられても困る」発動にて終了。
  • お手伝い帳を作ってお小遣い計算&やったことを見える化する
    →お小遣い制なので、話し合った上で、「やっていることが見えないから書いたものをみてお小遣いを計算する」システムを導入してみた。
    「やってないから書いてない。そもそもやりたくないし。」で終了。

 

日中の十数時間を、

家から出ることもなく、

歯磨きも着替えもせず、

お風呂にも入らず、

ご飯を作るわけでもなく(作っていっても温めて食べることもしない。)

家事分担どころか、自分のこともしないで

動画やオンラインゲームなど、

ネット漬けでエンドレスで過ごしてしまっている訳です。

 

 

不登校とネット利用の難しい問題

健康管理のために、寝る時間はちゃんと確保したいので、

22時にはネット終了するのは守ってもらっていました。

 

平日は、やることをやったらネットの時間。

週末はお休みDayなので、1日自由にネットが出来る。

という流れを話し合って決めたのですが。

 

さすが、ゲーム会社も人間の弱いところを突く作戦の腕が超絶ハイレベルなんでしょうね。

こどもたちは、「自力でコントロール出来ないんだな。」というレベルでした。

 

どんな様子かは大体想像が付くと思いますので、長くなるので書きませんが💦

 

と。ここまでは、面白くない話ですけどね。

まぁ、こっからが、驚きの連続で笑えるくらいなんですけど😆

 

はぁ……力尽きた……

 

To be continued……

Follow me


あらかき with モデム で出勤(不登校とネット利用)その1” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です