不登校で起こる(感じる)環境のこと

こどもが不登校になり、不登校の親になり、

社会から孤立してしまったような気持ちになったことがありました。

その時の不安な気持ちがどうしてなのかを

代弁してくれているような動画がありましたのでシェアしますね。

 

あ。お話なさっている方が代弁者という訳ではなくて、

まるで私の気持ちを代弁しているようだ!!

と思っただけなのですけど(笑)

 

 

各所に頷ける内容がありますが、

7分過ぎからのお話は、

そういうことなんだよな。って思いました。

 

 

このお話は、特に不登校に限った内容ではありませんが、

無意識に認知されている枠(動画ではサークルという言葉で話されています。)から外れたら?

 

枠(サークル)について考えてみた

 

カテゴリー分けみたいな意識は、

無くすことって無理だと思うし、

私も持ってます。

分けることか必要な時もあると思います。

 

私、円って好きなんですけど、

それは囲いこんでしまう形ではなく、

波紋のように、

広がったり、重なったりしたらいいなぁ…

 

 

具体的に言えないのだけれど、

サークルというものが、

そういう波紋のようなものになるといいなぁ…

 

なんて思いました。

 

あらかき。

 

真面目です(笑)

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です